プレイヤー 2018.5.9


同じセミナーを聴いて、変わる人もいればそうじゃない人もいます
同じ本を読んで火がつく人もいれば、そうじゃない人もいます
変わった人は言います
「あのセミナーのおかげです」
そうじゃなかった人は言います
「あんなのインチキの綺麗事だ」
両者の違いはなんなのか?
どうして一方は変われて、一方は変わらなかったのか
原因を探せば、その人に合うかどうかとか、タイミングの問題とか色々重なっていると思います
けれど、一番ウェイトを占めているのは
“その人の在り方”だと思います
もっと言うなら、どんな気持ちで聞きに行っているのか?
この人なら自分を変えてくれるかもしれない
この本なら自分を導いてくれるかもしれない
こんな風に期待することは決して悪いことではありません
しかし、期待だけでは人は変われません
あくまで、変わるのは”自分自身”です
セミナーや本はきっかけを作ったり、サポートするのが役割で、変えてもらうのを待っていてはいけません
いつでも自分がプレイヤーです
僕のような仕事はサポータでもありますが、そのために常に自分が学び続けるプレイヤーでもあります
この話で、この本で、何を得られるのか?
同じ話を聞いて結果が違うのは
プレイヤーとして参加しているのか
観客として参加しているのか
そんなところかもしれません
「夢じゃないあれもこれも
その手でドアを開けましょう」
ultra soul/B’z
最後まで読んでいただきありがとうございます

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の記事

鈍った感性 2018.5.10