責任と反省 2018.5.3


組織や会社なんかでは責任の所在をはっきりさせます
誰のミスなのか
なぁなぁには出来ないから仕方がないことでもあり、必要なことでもあります
じゃあ僕ら自分自身の人生の責任は誰にあるのか?
言わずもがな自分ですよね
と言うことは極論、自分に起こることは全て自分の責任だということになります
ブラックな会社を選んで決めたのは自分だし
全然働かないダメ彼氏を選んだのも自分です
知らなかった、わからなかったはただの言い訳になります
、、、と書くとかなり手厳しいですよね(笑)
けれど、この感覚でいることが自分の人生を生きることだと思います
もし手厳しいな、と感じた人は失敗やミスを必要以上に背負いこんでしまうタイプかもしれません
全て自分の責任であっても、それは何でもかんでも背負いこむコトではありません
失敗した時に必要なのは後悔ではなく、”反省”です
後悔は自分の行いに対して悔いること
反省は自分の行いに対して省みること
どちらも「たられば」と考えますが
後悔は「たられば」をつかって過ぎた過去のことに焦点を当てています
「あの時こうしていれば、こうなっていたかもしれない、、、」
けれど反省は「たられば」を使って、次の未来に焦点を当てています
「あの時こうしていれば、こうなっていたかもしれない、だから次はこうしよう」
反省はさらによくしていくためのプラス思考ということですね
悪役も「後悔するがいい!」とは言いますが
「反省するがいい!」とは言わないですもんね
後悔ではなく、反省に焦点を当てていく
そのためにも自分の行動は全て自分の責任だと、少しづつでも意識していくと自分の人生を歩めるのだと思います
「世界にたった1つの 僕のユメノート
同じものは決して ありはしないんだ
描いては迷って 書き足してく
気づけば色とりどりに描かれる」
ユメノート/GReeeeN
最後まで読んでいただきありがとうございます

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

納得させてあげる 2018.5.2

次の記事

感謝の波動 2018.5.4