納得させてあげる 2018.5.2


未来を見続けることの大切さも重要さも知っているし、体感していても
“まだ叶っていない今”を意識して、とても怖くなることがあります
もしかしたらずっとこのままなんじゃないか?
もしかしたら今抱えてる不安はずっと続くんじゃないか?
そんなことを思うと、今進んでいる道を諦めようかという気持ちになります
でもそれは本音じゃなくて、しんどい”今”からただ逃げたいだけなんだということもわかるんですね
そんな時は元気の出る曲も、逆に胃もたれならぬ耳もたれするし
放っといてくれ!って悲劇のヒロインぶるんです
そんな時、僕は一旦とことんまで落ちます(笑)
というか、かける言葉がないのでほっときます(笑)
ある程度落ちて、落ち着いた頃聞きます
「どうする?諦める?」
「ほんとはどうしたい?どうなってたい?」
すると悲劇のヒロインだった僕は泣きながら
「やっぱり諦めたくない」と言います(心の中で)
自分と対話するのも、誰かと話すのも同じで
理屈ではわかってても心が納得しないと前に進みません
だから駄々をこねている自分にどうしたいのかを言ってもらわないと、いくら理性の僕が説得したところでモヤモヤしたまんまなんです
例えば相手がパートナーや子供であれば
「わかった?」『、、はい』
みたいな会話が成り立つかもしれません
なぜなら相手が納得しているかどうかはわからないから
でも自分相手だと納得してないこともわかってしまいます
自分自身でわかりますよね、納得してないのに行動するとイライラや不満が多く出てること
それが仮にやって行きたいコトであったとしてもです
だから自分を納得させてあげる
話を聞いてあげる
「それでもどこかで明日を 諦めてないから今日もまた
傷だらけのこの足で なんとか立っている」
UR not alone/GReeeeN
最後まで読んでいただきありがとうございます

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の記事

責任と反省 2018.5.3