4月の総括と謝辞 2018.4.30


あっという間に2018年も3分の1終わりましたね
皆さんは、年始に想い描いた2018年となっているでしょうか?
それとも、こんなはずじゃないんだけどな、、と感じているでしょうか?
僕が今月、すごく感じたのは「未来を見る」ということ
夢や目標、ビジョン、呼び方はなんでもいいけれど、とにかく未来のこと
努力は必ずしも報われるとは限らないし、夢破れる時だってあるかもしれません
でも宝くじが買わなきゃ当たらないのと同じで、
未来も見なきゃ始まらない
もちろん未来だけ見ればいいわけでもありません
“今”自分がどこに立っているのか
それを知るために”今”を見なきゃいけないし、知らなきゃいけない
「なんかいいことないかなぁ」とか
「どっかにいい人いないかなぁ」とか
ただ未来に期待して、待ってるだけじゃ何も変わらず2018年も過ぎていきます
今を知って、未来を見て、そして自分で歩くから未来は少しずつでも近づいて来るんだと思います
残り8ヶ月、未来を見て進んでいきましょう
最後になりましたが、Facebookやブログ内で「いいね」を押してくださる方、いつもありがとうございます
そして、ブログを読んでくださった方々
本当にありがとうございます
「そうさ夢だけは 誰も奪えない 心の翼だから」
ペガサス幻想/MAKE-UP
最後まで読んでいただきありがとうございます

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

被害者意識 2018.4.29