被害者意識 2018.4.29


今日は首が痛いので、ブログを書く気になれません、、、、(笑)
いや、そういう日だってあるんです(笑)
別にこのブログは誰かに強制されてるわけでは無いし、義務でもありません
書いてもいいし、書かなくてもいい
全て僕の自由です
だから書かなかったからといって
「あぁ、、ブログ書かなかった、、、」
と落ち込む必要もないわけです
だけどこうやって毎日続けていると
「やらなくちゃいけない」
という思いが芽生えてくることがあります
例えばご飯を食べた後の洗い物
家庭によって誰が洗っているかはわかりませんが、その多くは母親や奥さんではないでしょうか
「家事をしなくちゃいけない」
確かに誰かがしないと、何も終わらないのも事実ですが、この思いに囚われてしまうと
何一つ楽しくないし、自分だけがしんどいのに頑張ってる、、、
と、勝手に被害者になってしまいます
ほんとは誰が洗ってもいいはずです
ちなみにうちでは僕が洗い物をしています
父が作り、母が盛り付け、僕が洗う
だいたいこのパターンです
父が作るのも珍しいかもしれないし
長男が洗うのも珍しいかもしれません
でもみんなの帰って来る時間帯や生活リズム的にこのように落ち着きました
誰も強制されてないし、自由意思でやっています
不思議なもので、被害者意識で洗い物をしている時はイライラするし、テレビを見ている両親に腹が立ったりします
でも”誰がやってもいいけど、俺がしよう”と思ってやっている時は、テレビを見ている両親がリラックスしてくれて嬉しい気持ちになります
結局、洗い物をするわけですが
自分の気持ちの持ちよう一つで、気分は全く変わります
皆さんの中にも「~しなくてはならない」
と感じているものはありませんか?
それってホントにあなたがやらなきゃいけないものでしょうか
「誰がやってもいいけど、自分がしよう」
この気持ちだけで、ずいぶん楽になると思います
「精一杯 運命に抵抗
正解・不正解の判断
自分だけに許された権利」
sailing day/BUMP OF CHICKEN
最後まで読んでいただきありがとうございます

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

無自覚の本音 2018.4.28

次の記事

4月の総括と謝辞 2018.4.30