自分に勝つ? 2018.4.18


弱い自分や誘惑に負けそうな時に
“自分に勝つ”って言います
名言や格言なんかも多く残されているので、そういった精神を支持する方も多いと思います
ただ僕の個人的な好みの話で言うと、この表現はあまり好きではないです
理由は簡単で、”弱い自分も自分だから受け入れてあげようよ”です
弱音を吐く自分も、楽したいと思う自分も敵では無いので戦う必要無くない?と思ってます
かといって、目標なんかを達成できなくて良いかというと、そういうわけではありません
弱音を吐いてる時や吐きたくなる時って、目標やゴール地点じゃなく”今”を見てるんですよね
ゴールと今のギャップ、到達していない今の状態
そこを見りゃ、誰だって弱音を吐きたくなりますよ
だから弱い自分に僕は問いかけます
「ゴールは見えてるか?」
ゴールに焦点が合えば、もう一度問いかけます
「続ける?辞める?」
それはまるで小さい子供に問いかけるような感じです
ゴールが見えれば、そこに行く目的を思い出せたら
もう少しだけ頑張ろうという気になってきます
僕の中で弱い自分とは子供の自分だと思っています
今しんどいってことを知ってほしい
こんなに頑張ってることを褒めてほしい
誰かに言うことが出来ないから、せめて自分にだけでも、、、
そんな自分からのメッセージなんじゃないかと思っています
だからこそ打ち負かしていくのではなく、手を取り合う
辛い時こそ、全ての自分一丸となって事に当たる
こう言う考えが僕は好き
「飛べない君は 歩いていこう
絶望と出会えたら 手をつなごう
哀しい夜を越えて 笑おうとするなら
唄ってやるよ ルララ」
Stage of the ground /BUMP OF CHICKEN
最後まで読んでいただきありがとうございます

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

名前の力を 2018.4.17

次の記事

感性を磨くこと 2018.4.19