適切な距離感 2018.4.16


昨日は小学校からの友人と飲みに行ってました
小、中と毎日一緒に登校し、高校からは別々だったこともあり疎遠に
その後24歳くらいに再会を果たし、年に一回、二回会う仲です
近況報告や趣味のこと、昔のこと、あっという間に時間は過ぎました
全く連絡を取りあわなくても、全然会わなくても、
会えば昔のようにバカな話で盛り上がり、変な気を使う必要もないこの距離感がとても居心地が良かった
この”距離感”ってとても大事です
それは人はもちろん、どんなものにも当てはまります
物理的なものを言えば、本やテレビを見るときを思い出してみてください
目の前に持ってきたらどうでしょう?
見えませんよね
反対にめちゃくちゃ離れても、、見えません
それぞれに適切な距離感があります
それは人や考え方に対しても同じです
近すぎると自分にとって都合のいい部分しか見えなくなります
心酔している時は良い部分しか見えないし
嫌っている時は悪い部分しか見えません
でも少し距離をとって見てみると
両方があることがわかります
良いところも悪いところも含めて、その人が好きだと思えるのか
その考え方が自分に合うと思えるのか
距離を取ることは冷たいことではなく、良い面も悪い面も含めてそのものを見ることではないかと思います
「当たり前の日々なんかない 支え合える友が教えてくれた
たとえどんな遠くに離れても わかってるよ 僕らしく笑ってくさ」
BEST FRIEND/GReeeeN
最後まで読んでいただきありがとうございます

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

愛ある選択 2018.4.15

次の記事

名前の力を 2018.4.17