寄り添う形 2018.4.5


大切な人が悩んだり、もがいたりしていると助けたくなります
さらにそれが自分も同じようにもがきながら越えてきた課題だったりすると、昔の自分に照らし合わせたりするので、相手が感じてる苦しさもわかります
そうなると色々してあげたくなります
自分が見つけた答えや方法をすれば解決出来ると”やらせよう”としてしまうこともあるかもしれません
けれどどんなに昔の自分と似ていても、僕にとってベストだった答えと相手のベストは違います
相手にとってはベターかもしれないし、効果がないかもしれません
だからこそ僕が意識しているのは
相手にとってのベストは何なのか?
それを一緒に探したり、助けを求めて来たときに手を掴んであげられるように
相手の課題は相手の課題で、僕や他の人がどうこう出来るものじゃないし、したところでまた同じような課題にぶち当たると思います
信じて”待つ”
このスタンスってかなりエネルギーいるんですね、実は(笑)
けれどその相手が、自分の親でも、自分の子供でも、親友でも、パートナーでも
このスタンスが相手にとっての、支えになるのではないかと思っています
「昨日の自分とは決別して 生まれ変われ
このままここに居続けるのは 誰の為にもならない
新しい道を切り開いて 立ち向かうんだ
Against /乃木坂46
最後まで読んでいただきありがとうございます

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

過去のイメージ 2018.4.4

次の記事

存在の価値は 2018.4.6