34歳のスタート 2018.3.25


今日誕生日を迎えました
メッセージを送っていただいた皆様、ありがとうございます😊
このブログを始めて3回目の誕生日で、去年や一昨年は何書いてたんだろうと思い、読み返したりしていました
その頃に比べ、少しずつ僕の周りの環境も変化していっています
ただ悩むことといえば変わらず、仕事、恋愛、人間関係、お金、、などなど
10代、20代の頃と特に変わってはないんですね
悩む内容は変わっても、ジャンルは変わらないのできっとこの先もこれらのことを考えながら、悩みながら、時に迷いながら進んで行くのだと思います
去年もBUMPの歌詞を載せてたので、今年も(笑)
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
Stage of the ground

飛ぼうとしたって 羽根なんか 無いって
知ってしまった 夏の日
古い夢を一つ 犠牲にして
大地に立っているって 気付いた日
未来永劫に 届きはしない
あの月も あの星も
届かない場所にあるから
自分の位置が よく解る
飛べない君は 歩いていこう
絶望と出会えたら 手をつなごう
哀しい夜を越えて 笑おうとするなら
唄ってやるよ ルララ
迷いながら 間違いながら
歩いていく その姿が正しいんだ
君が立つ地面は ホラ
360度 全て 道なんだ
Stage of the ground
孤独の果てに 立ち止まる時は
水筒のフタを 開ければ
出会いと別れを重ねた
自分の顔が ちゃんと写る
すれ違う 誰かが 落としていった
涙を数える その度に
「優しくなりたい」と願う
君は 誰よりも
優しい人 ルララ
その足に 託された
幾つもの祈りのカケラ達と
叫んでやれ 絞った声で
ここまで来たんだよって 胸張って
Stage of the ground
躓いた小石を 集めて歩けたら
君の眼は必ず 再び光るだろう
那由多に広がる宇宙 その中心は小さな君
君をかばって 散った夢は
夜空の応援席で 見てる
強さを求められる君が 弱くても
唄ってくれるよ ルララ
あの月も あの星も
全て君の為の 舞台照明
叫んでやれ 絞った声で
そこに君が居るって事
迷った日も 間違った日も
ライトは君を照らしていたんだ
君が立つ 地面は ホラ
365日いつだって
Stage of the ground

この歌にはいつも、勇気をもらいます
歌詞から感じるものは人それぞれあると思いますが、僕個人的にグッとくるのは
「迷いながら 間違いながら
歩いていく その姿が正しいんだ」のサビ部分
迷うことや間違うことが=ダメ
になってしまいがちな価値観が多い中で、
“それでいいんだよ”とそっと包んで背中を押してくれるような気持ちになります
今日から僕は34歳がスタート
この一年でどうなっていけるのか、色々挑戦していきたいと思います
明日はまた誰かがスタートを切る日です
そして明後日も明々後日も
そんな人たちの背中をそっと押してあげられる人でありたいと思います
最後まで読んでいただきありがとうございます

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

前を向いて 2018.3.24

次の記事

ジュブナイル 2018.3.26