正論の落とし穴 2018.3.19


正論ってありますよね
辞書なんかで調べても「道理にかなった正しい意見」とされています
言葉の印象からも「正しい、正解、正義、、、」などなど
しかし正論は、正しいが故の落とし穴があると僕は思っています
なので僕もどちらかといえば正論を言うタイプと自覚しているので、気をつけていることがあります
それが”伝え方”です
正論は正しいからこそ=自分が正しい
自分が正しい→相手が間違い、相手が悪い
という感覚になりやすいです
そういう感覚で喋っている時は威圧的だったり、強制的だったり、相手を責めるような言葉のチョイス、言い回し、トーンになっていることが多くなります
そうなればどんなに正しいことであっても、相手は聞く以前に不快な気持ちの方が先立って聞いてもらえません
聞いてもそこには不満が残ります
また正論は感情論とは違ってくるので、正論を言えば言うほど、相手の気持ちを無視したり蔑ろにしてしまいがちです
喧嘩や口論がややこしくなっちゃうのはこの辺りもあると思うんです(笑)
伝え方というのは相手への気遣いでもあります
“どうすれば相手がフラットに耳を傾けてくれるか?”
このことを僕は意識しています
正論も伝え方を間違えれば暴論になる
正しいと思うことだからこそ、優しい気持ちで伝えたいですね
「守りたいだなんて言えるほど
君が弱くはないのわかってた
それ以上に僕は弱くてさ
君が大事だったんだ」
ピースサイン/米津玄師
最後まで読んでいただきありがとうございます

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

気づかない傷 2018.3.18

次の記事

斜に構えて 2018.3.20