持ちつ持たれつ 2018.3.13


以前友人に、「お前の仕事って、人の人生を扱うから責任重大だよね」と言われたことがあります
でも僕からすれば、鉄道関係で働いている彼の仕事の方がよっぽど責任重大だと感じました
僕には大勢の人の命を運ぶなんてびびって出来ません
この世界にはいろんな仕事があって、仕事として存在している以上、誰かの役にそれは立っているから存在しています
誰かに影響を与えている以上、責任の軽い仕事なんて無いのだと思います
僕にとってビビるような仕事でも彼にとっては日常で、向き合っている仕事です
僕に出来ないことを彼がやって、彼が出来ないことを僕がする
仮に僕が超完璧超人でなんでもこなせる人間だったとしても、生活するために必要な仕事を同時にできるわけではありません
スマホ1つにしても、設計した人、プログラミングした人、部品を作る人、組み立てる人、お店まで運ぶ人、店頭で接客する人、、、、数えきれない仕事の積み重ねで今、僕の手元で文字を打っています
こう考えると、持ちつ持たれつ、お互い助け合いでしょと、少しだけ誰かのために手を伸ばせる範囲が僕は広がります
全ての人に優しくできるわけでは無いし、たまに手を伸ばす範囲を小さくしたりしながらも”優しさ”は忘れずにいたいものです
人に優しく出来ない時は、きっと自分の心が荒んでいる時だと思うから
「他者に望まれる姿と 自ら望み続ける姿
その違いのなかで その矛盾のなかで
失いたくはない人たちと 繋がれるのなら
笑いあえるのなら」
Beautiful life/福山雅治
最後まで読んでいただきありがとうございます

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

迷いと決意 2018.3.12

次の記事

喜びの感じ方 2018.3.14