どっち”も” 2018.3.9


「私と仕事、どっちが大事なの?」
よくドラマなんかで見聞きするこのセリフ
10年前の僕なら間違いなく「彼女」と答えていたでしょう
彼女と遊ぶ為に平気でバイトを休んでいたので(笑)
もちろん良いことだとは思いませんが、自分に正直だったのかなと思います
朝起きて、彼女と楽しく遊ぶ1日とやりたくないバイトに行く1日
その2つを天秤にかけた時、そりゃやりたい方を選びます
じゃあ今は?というと
やりたい仕事があって、叶えたい夢があって
その時一緒にいたいパートナー、友人、仲間、家族が居て、、、
もうこの時点で、どちらかという話では無いんですよね
二兎追うものは一兎も得ず、なんてことわざがありますが、二兎得る為にどうすればいいか?って思考です
恋愛と仕事は自転車の両輪のようなものだと思います
2つが噛み合って前に進むことが出来ます
もちろん一輪車のように片方だけでも前に進むことは出来ます
けれど自転車と比べると、スピードはあまり出ないし、バランスも難しいですよね
もちろんそれでも幸せにはなれます
ただ深さや拡がりは違うんじゃないかと
例えば家のお風呂にゆっくり浸かって「あぁーいい湯だな」と感じるのと
誰もいない露天風呂に浸かって大絶景を見ながらの「あぁ~いい湯だな」はきっと違います
どっちも気持ちいいし幸せです
でもこのくらいの違いはあるんじゃないかと思います
だからこそこの2つって、どっち”が”じゃなくて
どっち”も”必要です
これまで僕は恋愛は恋愛の将来のイメージ
仕事は仕事で将来のイメージと分けてしていました
ただ恋愛は得意なんだけど、仕事の方がなかなかうまくイメージできなかったんです
きっと人によって、片方が得意なタイプってあると思いますが、よくよく考えると分ける必要性がないんですよね、繋がってるから
得意な方を膨らませたその先に、もう1つも必ず出てきます
僕のようになかなかイメージが出来ないという方は延長線上にあると思うとやりやすいかもしれません
「父さんが言った『大切な夢と、心から愛する人見つけなさい。』
母さんが言った『あなたなら大丈夫、誰よりも私は分かるわ。』
SAKAMOTO/GReeeeN
最後まで読んでいただきありがとうございます

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

共感の涙 2018.3.8

次の記事

卒業 2018.3.10