宇宙に行くと       2015.12.06

普段私たちは地球の重力1Gで生活しています。
そんな私たちが宇宙や他の惑星に行ったらどうなるのか?
私が生きている間には他の星に移住なんてことは無いにしても、いつかはそうなるだろうなとか思ったりします。
地球より重力が軽ければ、スーパーマンの様に素早く走る、高く跳ぶ、など身体能力が上がります。
昔、ドラえもんの映画「のび太の小宇宙戦争」という映画でのび太達は地球より重力が軽い星に行き大活躍していました。
一方重ければ、身体中に重りをつけて行動する様なものなので鈍く遅くなります。
まだまだ一般人が宇宙に行くのは難しい時代ですがそれでも死ぬまでに宇宙は行ってみたいと思います。
宇宙飛行士の方は訓練を積んでいくわけですが、なんでも1日目は宇宙酔いしてしまい、2~3日目には身長が4センチほど伸びるそうです。
1日平均1センチ以上も身長が伸びるなんて、、、
成長期の中学生以上の伸び率なので、それに伴う成長痛もそれなりと言われてます。
身体にもこれだけの影響を与える重力から無重力への変化ですが、心にも大きく影響を与えるそうです。
これまでと世界観が変わったり、不思議な体験をする方もいると聞きます。
これも無重力になることで脳が影響を受けるからで、その結果思考や脳の普段使われていない箇所に刺激が起こるからとされています。
この情報を目にした時、私は思いました。
「これってガンダムやん!」と。
ガンダムも日本を代表するアニメ作品で、内容を知らなくても名前は聞いたことがあるという人は多いのではないでしょうか。
かなりざっくり言うと、一部の宇宙移民者達の独立戦争になるのですが、宇宙移民者達の中にニュータイプと呼ばれる人達がいます。
このニュータイプは人より感覚が鋭かったり、空間認識ができたりするのですが、これがまさに無重力の影響を受けた結果なのではと思ったわけです。
ガンダムに限らず、アニメの世界だったことが現実になっていく。
それだけでなんだか未来に対してワクワクします。
最後まで読んでいただきありがとうございます。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です