綺麗事の世界 2018.2.19


「綺麗事」ってありますよね
好き嫌いはあるでしょうが、僕は好きです
綺麗事の定義も人それぞれでしょう、”綺麗”というくらいなので、愛、友情、信頼、助け合いといった優しさをベースとした世界だと思います
一方現実を見渡せば、妬みや裏切り、足の引っ張り合いもたくさんあります
大切なのはどちらか一方しかないわけではなく、両方が混在している世界だと言うことです
意地悪を言ってくる人、騙す人、裏切る人もいますが、愛をくれる人、困った時に力になってくれる人、損得抜きで接してくれる人もいます
今現在どちらの人が周りに多いかはわかりませんが、この世界にはどちらもいます
もし、どちらかの世界に行けますと言われたら、あなたはどちらの世界に行きたいと思いますか?
多くの人が、”もし行けるなら”綺麗事のような愛の溢れた世界を選ぶと思うんです
ただここで問題となるのが、「もし行けるなら」「誰かが用意してくれるなら」「誰かが作ってくれたなら」
と、誰かが作ってくれることを期待しているということです
そうやって”誰かが”とみんなが言うから、綺麗事は綺麗事のままなんじゃないでしょうか
たしかに世界中を愛で包むなんてのはかなりハードルが高いです
でも綺麗事みたいな世界に住みたいと自ら動けば、「それ良いね」と共感する人が1人見つかるかもしれません
そうすれば、その2人の空間は綺麗事が成立します
また1人増えれば、3人の空間は綺麗事が成立します
そうやって少しずつ自分の周りに増やしていけばいいんじゃないでしょうか
0か100かで考えればそりゃ綺麗事なんてただの幻想です
だけど少しずつ割合を塗り替えていくと考えれば、難しい事ではないような気がします
そしてこの綺麗事こそ、自分の理想の世界の作り方と同じだと僕は思います
「憧れは能力(ちから)を今 呼び起こす
守りたいものがあるから」
LEVEL5-judgelight-/frip Side
最後まで読んでいただきありがとうございます

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

気分の波動 2018.2.18

次の記事

見える世界 2018.2.20