小さな奇跡 2018.2.13


例えば、ちょうどに電車が来たり
ちょうどエレベーターが止まってくれたり
ちょうど青信号に変わったり
こういう小さなラッキーってありますよね
こういう小さなラッキーをラッキーって思えますか?
私はツイてる!幸運だ!って思えますか?
夜寝る前、上司に言われたムカつくことを思い出してイライラしても、それでも今日こんなラッキーに遭遇したと思い出せますか?
こんな小さな事でもラッキーと思えると、どんどん小さなラッキーが舞い込んで来ます
正確には気づけるようになっていきます
僕は個人的にこのラッキーのコトを「小さな奇跡」と呼んでいますが、奇跡というのは滅多にしか起こらないものではなく、実は日常の色んなところで起きています
ただそのことに僕らがなかなか気づかないだけなんですね
そして小さな奇跡を日々感じていると、やがて大きな奇跡もやって来ます
それは誰かの手によって運ばれてくるのかもしれませんし、自分が覚悟を決めた時に自らの手で起こすものかもしれません
どんな経緯かはわかりませんが、小さな奇跡が大きな奇跡を連れて来てくれるわけです
今日どんな奇跡が起きましたか?
どんな些細なことでもかまいません
それを奇跡と呼んでみませんか?(^^)
「君と僕が出会えたことを 人は奇跡と呼んでみたいだけ
奇跡が生んだこのホシで起こるすべて 奇跡以外ありえないだろう」
ふたりごと/RADWIMPS
最後まで読んでいただきありがとうございます

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の記事

主導権は自分に 2018.2.14