漠然の霧 2018.1.22


「漠然」という言葉があります
内容が掴めずぼんやりしていることを指しますが、心の中の漠然とした思いというのは、居心地が良いとは言えません
漠然とした夢、漠然とした不安
まるで深い霧の中にいるようで、進む道も歩いて来た道もわからない
どんなに目を凝らしても、目の前の霧を振り払っても答えなんて見えない
僕の20代後半の数年はまさにこんな感じでした
かなり長い間もがいていたのではないかと思います(笑)
そんな時、どうしたらいいのか?何をすればいいのかを考えましたが、答えは出ません
なぜなら、今の自分を中心に考えていたからです
先ほどの霧で言えば、一箇所に立ち止まったまま、あちこちをキョロキョロして何かないか探しているような状態です
漠然の霧に覆われている時、見えるのは自分の足元だけです
見ないといけないのは遠くではなく足元なんです
その足はどうやってここまで歩いてきたのか?
その道筋を思い出すことが必要です
何にワクワクしてきたのか
何に喜びを感じてきたのか
何をしてる時、幸せに満たされたのか
何に怯え、何に怖がっているのか
自分自身と対話することこそ、漠然の霧を晴らすことへと繋がります
霧を作り出しているのは自分自身です
だから晴らすことができるのも自分自身です
そうやって向き合いながら、一歩ずつ進んでいくことで進む先が見えてくるのだと思います
2月のことだま個人鑑定受付中^_^
ーーーーーーーーーーーーーーーー
日時 :2月13日11時~16時
鑑定料:30分3000円~
場所 :三宮駅周辺のカフェ
ーーーーーーーーーーーーーーーー
お申込みはこちらから↓
ことだま鑑定申し込みページ
またはFacebookのコメントかメッセンジャーでもけっこうです(^^)
「本当の強さ 本当の自由 本当の愛と 本当の優しさ
わからないまま進めないから 「自分探す」と心に決めた」
遥か/GReeeeN
最後まで読んでいただきありがとうございます

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

奇跡の確率 2018.1.21

次の記事

傾聴 2018.1.23