習慣化すると  2015.12.03

このブログも9月末から毎日書くようにして約2ヶ月が過ぎました。
初めの頃は一記事あたりにかけていた時間も長いときは2時間ぐらいありました。
その上中身は特にないです(笑)
今では長くても半分の1時間。
早ければ30分ほどです。
初めの頃は何を書いたらいいかも悩んで、ブログに書くネタ帳をスマホのメモ帳機能を使ってストックしていました。
けれど今では何書こうかとは思うのですが、スッと思い浮かんだものを書くことが多いです。
なのでこれからも思い浮かんだことを書き続けていこうかと思います。
このように習慣化すると人間の能力とはすごいもので、初め感じていた苦を取っ払ってくれます。
楽しみながら行ったことは21日間続けると習慣化されるといいます。
何事もやり初めが1番しんどいですよね。
新しい職場、仕事、人間関係など生活上逃げれないもの
新しく初めて見た習い事、ダイエット、ジョギングなど趣味や生活向上のために自らやり始めたこと。
いずれも楽しい!快感!と思えたら素敵ですが、そう思えないときも出てきます。
自ら始めたものであれば辞めることもできますが、そうでないものはどうすればいいのでしょうか?
まずこの状態はずっとは続かないと気付くことが大切です。
ゴールの見えないマラソンほど辛いものはありません、ゴールを見据えているからこそランナーはそこを目指していきます。
辛いとき、しんどいときはこの状態がずっと続くような感覚に襲われます。
その結果怖くなって絶望に包まれてしまいます。
しかし辛いのは初めのうちで、回数を重ねるごとに人間は慣れていきます。
そうすればいつのまにか仕事も前より早くできるようになっています。
ですので、まずはこの状態がいつまでも続くものではないと気づき、悲観しないようにしていきましょう。
悲観している状態だと仕事を含め生活のパフォーマンスは低下してしまいます。
結果、その状態が長く続き、ずっと続くんでは?というイメージ通りの生活が訪れてしまいます。
そしてプラスの面を見つけれるのであれば言うことなしです。
とはいえ、ずっとしんどい辛い状態が続く、自分に嘘をついて頑張っている。
このような状態になる人も、今の時代は多いです。
自分からの声は大切なシグナルやサインです。
自分を大切にしていきましょう(^-^)
最後まで読んでいただきありがとうございます。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です