強さと優しさ 2018.1.1


この大晦日から元旦にかけて、気づきをいろいろ感じます
これっ!と決めたから、それらに関することに気づいているのか、大晦日や元旦という節目が気づきを起こせやすい日なのか?それとも両方なのか?
いずれにせよ、いい正月です^_^
僕はいつもブログの最後に出来るだけ内容とリンクした歌詞を載せているのですが、今回は気づきと一緒にずっと頭に流れているので全文載せたいと思います
メーデー/BUMP OF CHICKEN
君に嫌われた君の 沈黙が聴こえた
君の目の前に居るのに 遠くから聴こえた
発信源を探したら 辿り着いた水溜まり
これが人の心なら 深さなど解らない
呼ばれたのが 僕でも僕じゃないとしても
どうでもいい事だろう 問題は別にあるんだ
息は持つだろうか 深い心の底まで
君が沈めた君を 見つけるまで潜るつもりさ
苦しさと比例して 僕らは近付ける
再び呼吸をする時は 君と一緒に
僕もまた同じ様に 沈黙を聴かれた
君もまた同じ様に 飛び込んでくれるなら
口付けを預け合おう 無くさずに持っていこう
君に嫌われた君へ 代わりに届けるよ
誰もが違う生き物 他人同士だから
寂しさを知った時は 温もりに気付けるんだ
勇気はあるだろうか 一度心覗いたら
君が隠した痛み ひとつ残らず知ってしまうよ
傷付ける代わりに 同じだけ傷付こう
分かち合えるもんじゃないのなら 二倍あればいい
怖いのさ 僕も君も
自分を見るのも見せるのも 或いは誰かを覗くのも
でも 精一杯送っていた 沈めた自分から
祈る様なメーデー
響く救難信号 深い心の片隅
こんなところにいたの 側においで 逃げなくていいよ
触れた発信源に 届けるよ 口付け
君から預かってきたんだよ
勇気はあるだろうか 一度手を繋いだら
離さないまま外まで 連れていくよ 信じていいよ
息は持つだろうか 眩しい心の外まで
再び呼吸をする時は 君と一緒に

この歌を聞いてどう感じるかは人それぞれです
自分の状況とリンクするところがある人もいるかもしれません
僕個人的に、この歌詞は自分が嫌って見ないようにしている自分も含めて本当は誰かに受け入れてほしいと願ってるし
そんな自分も誰かのそんな部分も含めて受け入れる決意を持ってる
そんな強さと優しさを感じます
ちなみにメーデーとは救難信号のことです
あなたは何を感じますか??
最後まで読んでいただきありがとうございます

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の記事

何のために? 2018.1.2