呼び名一つ 2017.12.13


僕はことだま鑑定師という仕事もさせていただいていますが、これを学んでから変わったことがあります
それは相手の方の名前を呼ぶときに、下の名前で呼ぶことが増えました
これまでは「佐藤さん」とか「田中さん」のように名字で呼ぶことがほとんどで下の名前で呼ぶことなんてありませんでした
けれど、学んでからは男女や年齢問わず、基本的に下のお名前でお呼びしています
最初は意識して始めました
今では慣れてくせみたいになっています
しかも下の名前でコミュニケーションを取ると、仲良くなるのも早い気がします
個人的な感想ですが、名前で呼ぶことも呼ばれることもほとんどありませんでした
なので呼ぶ時は初め、少し恥ずかしかったり、、、(笑)
呼ばれた時も気恥ずかしい
でも、嬉しいんですよね
名前を呼ばれると
そう思ったら少し恥ずかしくても、相手の方も名前で呼んでみよう
そんな風に思った気がします
そんな風にして周りを見ていたら、仲のいい夫婦やカップルはほとんど名前で呼びあっています
逆に「おい」とか「ねぇ」とか名前で呼びあわない2人は”仲の良さ”というのはあまり伝わってきません
呼び名一つ、たったこれだけですが
そのたったが、とても大切な気がします
「嬉しくて 嬉しくて
なんどもあなたの名前呼んだ
それがうれしくて…」
ひまわり/福山雅治
最後まで読んでいただきありがとうございます

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です