ストレス発散 2017.12.11


「ストレス」と聞いて、どんなイメージが湧いてくるでしょう?
おそらく良いイメージの人はほとんどいないと思います
巷にはストレス=悪いものという扱いで、ストレスフリーなんて言葉もあるくらいです
けれど実はストレス自体は悪いものではなく、僕らが”悪いもの”という認識だから悪いふうに働くそうです
ストレス耐性の高い人がいますが、もしかするとストレスに対して、ネガティブなイメージが人より少ない人たちなのかもしれませんね
このストレスには2種類あります
一つは能動的ストレス
これは登山やジョギングをイメージするとわかりやすいですが、しんどいし足も痛い、これは相当なストレスです
けれど自らが飛び込んだしんどさや辛さは、達成感や開放感、楽しさも一緒に感じる事ができます
もう一つは受動的ストレス
嫌な仕事や居たくない場所から受けるストレスも相当です
こちらが多くの人が抱いているストレスのイメージですね
しかも受動的なので知らず知らずにストレスを溜め込んでいきます
なんだか最近いらいらするんだよなぁ、とか普段なら笑って済ませられるのにカチンと来たり、傷ついたり
心にあった余裕がストレスで埋め尽くされて、いわゆる「心に余裕がない」状態になってしまいます
で、僕が実際に体験した事なんですが
心やメンタルの勉強をして、ある程度詳しくなるとイライラするのはなんでなんだ?と自分を紐解いてみたり分析してみたりします
あれかなぁ?これかなぁ?と思いつくんですがどれもピンとこない
そのうちに開けなくても良い心の扉まで開いて自己嫌悪したり(笑)
でもふと気づくとただ単にストレスが溜まっていただけで、ストレス発散すれば綺麗サッパリすっきりしました(笑)
変に分析するより、ストレス発散に遊んだり、食べたり、大声出したり
そんなことの方が手っ取り早く心の状態を正常に戻す事ができたわけです
もちろん自分の心を紐解いていくことも大切なことですが、自分なりのストレス発散法を一つでも持っておくことも大切です
そんなものの一つがセルフケアの大切な一つです
「家に帰ったらひたすら眠るだけだから
ほんのひとときでも自分がどれだけやったか
窓に映っている 素顔を誉めろ」
WOW WAR TONIGHT~時には起こせよムーヴメント~/H Jungle with t
最後まで読んでいただきありがとうございます

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

心の在り方 2017.12.10