星に願いを 2017.12.6


ぐっと気温も下がって、12月って感じます
冬は空気も澄んで花火なんかも夏よりキレイに見えるそうですね
確かに空を見上げると、星がいつもより多く輝いているように思います
数年前だったか、冬に流星群が来たことがありました(獅子座流星群だったか、ほかのなんたら流星群だったかは覚えていませんが、、💦)
深夜にずっと空を眺めて、いくつかは見ることが出来ましたが
見れると「わっ!✨✨」って思って、願い事を3回言うなんて忘れちゃうんですよね(笑)
次こそって思うんですけど、油断した時にサッと流れたりしちゃうんです
ぶっちゃけ物理的にあの一瞬で3回も願い事を言うなんてほぼ不可能です
なのになんで、流れ星に3回願い事を言えば叶うと言われてるんでしょう
由来はハッキリとはしてないのが現状ですが、逆説的に考えてみたらどうでしょう?
3回願い事を言えば叶うとしたら、、、
いったいどんな人が3回言えると思いますか?
時間は一瞬、しかもいつ流れてくるかわからない、そんな状況の中3回言える人とは?
僕はこう思いました
普段からそのことばかりを考えていて
「あなたの願いはなんですか?」と聞かれたら、即座に「私の願いは◯◯です!」と明確に答えられる人
それだけ自分の願いが明確で、そのことばかり考えていて上手くいかないわけがないように思います
もちろん流れ星自体にも、何かしら願いを叶える不思議な力があるのかもしれません
けれど、何よりも大切なのは、想いの強さと明確なビジョンではないでしょうか
今年も後わずか、来年に向けて明確なビジョンを描いてみてはいかがでしょう(^ ^)?
「僕らならできるって 思いながら闘って
新しい未来をイメージすればいい」
Brave/ナオト・インティライミ
最後まで読んでいただきありがとうございます

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

地元探訪 2017.12.5

次の記事

冬の木から 2017.12.7