カタカムナを聞いて来ました 2017.12.1


さて、12月のスタートはカタカムナから
カタカムナって言葉は以前から耳にしたことはあったんですが、実際それが何なのか?どういうもんなのかよくわかっていませんでした
「古代文字?」くらいの認識です
とはいえ、ことだまだったり、古代文明だったり、僕の興味をそそってくるものであることは間違いないなと思い参加してみました
おそらく基礎の基礎の部分に触れたくらいなんでしょうけど、なんというか一言では形容しがたいものでした
その中でも量子力学が1番近いのかな?
ことだまというものや、自分や宇宙のエネルギーの流れをある意味科学的に、ある意味スピリチュアル的に紐解いてる感じがしました
ことだま鑑定師としてピンと来たのは、やはり「ナマエは本当の自分を表していて、氏名は使命である」というところ
カタカムナを知ることで自分のことだまにもまた一つ確信が持てました
知識は武器になり、前に進む勇気をくれます
不安になるのはたんに知識不足から来ることもあります
いろんな知識を知ること、いろんな世界を知ること
それこそ自分の可能性を広げる第一歩となります
「キボウはヒカリ、ゼツボウは糧
想い出は盾、未来は自由
笑顔はあかし、涙はしるし
痛みはヒント、チャンスは無限」
負けない心/AAA
最後まで読んでいただきありがとうございます

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です