親の背中と子供の常識 2017.11.21


親からの学びって、生まれた時から触れているから学びなのかどうかわかりにくいものです
だってそれが普通だし、自分の中の常識になってるからです
だけどいざ世間に出て、周りと比べて見て初めて
「あっ!違うんだ」と気付いていきます
それは”良かった!”と思うような常識もあれば、”なんでこんな風に考える癖がついてるんだろう?”と悩むような手放した方がいいものまで様々です
それほどまでに親の影響ってのは大きいものだと思います
振り返ってみると僕の親は家族のコミュニケーションをすごく大事にしていました
・ご飯はみんなで一緒に食べる
・ご飯中は仕事の電話は絶対にしない
・おはよう、いってきます、いってらっしゃい、ただいま、おかえり、は顔を見せなくてもいいからちゃんと言う
この辺りが子供の頃は徹底されていました
今は僕らも大人になって生活時間もバラバラなのでご飯はそれぞれですが、挨拶は体に染みついてます
なので基本的にメールなんかでも”おはよう”とか言わないと気持ち悪いんですよね(笑)
大人になって、こういう一つ一つが育ててもらったんだなと感じます
親の影響といえばもう一つ、両親の夫婦仲は子供の僕から見ても恥ずかしいくらい良いです
だから何度恋愛で傷ついても、いつかこんな風になれると信じて立ち上がれるのは、親のおかげなんでしょうね
親への感謝とともに、いつか自分が親になった時に、ちゃんと子供達へ見せてあげられる自分でありたいなぁと思います
「無理に描く理想より 笑い合える今日の方が
ずっと幸せね」
愛をこめて花束を/Superfly
最後まで読んでいただきありがとうございます

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

マラソンと電柱 2017.11.20