人生と登山 2017.11.19


僕は一昨年、初めて富士山に登りました
登山コースがいくつかあるなかで、比較的安全なコースを選びました
ロッジも選んで、頂上で御来光を見るために夜間登山をするか考え、安全をとって夜間登山は辞めました
その分早朝に出発し、途中で御来光を眺めました
全て自分で選んで、一歩一歩痛い足を前に動かして登頂を果たしたわけですが、僕らの人生もこれとそっくりだと思います
「幸せになる」という頂上を目指していろんなコースが伸びています
選んだコースによって見える景色も起こる出来事も違います
時には隣のコースを選んだ人が楽々登って行くのを歯がゆい気持ちで見るかもしれません
時には道に迷ったり、立ち止まって休憩する事だってあります
時には誰かと合流して、痛みや疲れも吹っ飛ぶほど楽しい時間を過ごすこともあるでしょう
立ち止まったり、迷ったり、傷ついたりしながら、それでも一歩一歩頂上に近づいていきます
じゃあそんなしんどい思いをせず、ヘリコプターでも使って一気に頂上まで行けばいいんじゃない?とひねくれ者の僕は言います
けどきっとこの登山は旅行と同じで、目的地までの行程を楽しむもんなんじゃないかと思います
駅弁を食べたり、知らない景色を眺めてみたり、一緒に行く相手とバカやってみたり
目的地はもちろんですが、そこまでの道も楽しみながら目的地を目指します
きっとこの登山も頂上までの道を楽しむように出来ているんじゃないでしょうか
暑い、しんどい、足が痛い、そうやって登ることもできます
けどふっと顔を上げれば真っ青な空が広がってるかもしれない
見たことのない綺麗な花が咲いているかもしれない
隣には励ましてくれる人がいるかもしれない
同じ道でもちょっと目線を変えるだけで楽しめるものがきっとたくさんあります
人生という長い長い登山を楽しみながら登っていきましょう
「どうせいつか終わる旅を 僕と一緒に歌おう」
HAPPY/BUMP OF CHICKEN
最後まで読んでいただきありがとうございます

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

社交辞令と信頼 2017.11.18

次の記事

マラソンと電柱 2017.11.20