才能とかくれんぼ 2017.11.12


今日はうまく言葉がまとまらない日
ブログに書きたいネタはあるし、感情が揺さぶられたこともあったからそれについて書こうと思うんだけれど、なかなか言葉にならない
たまーにそんな日があります
この時って感情が整理されてない時なんです
集中力が切れてたり(笑)
なので今日は書けないなぁという内容を書いてます(笑)
感情を言葉にするのって語彙力や表現力が必要です
なのでいろんな本を読んだりするわけですけど、僕は思い返せば昔から”言葉”というモノが好きでした
小学生の頃、母親のお古でもらった漢和辞典を読むことが大好きだったんです
パッと開いたページに載ってる知らない単語や知らない漢字
覚えたら意味もなく使って見たくなったり、母親に書けることを自慢してみたり
こんな趣味があったことなんてすっかり忘れてたたんですけどね
よく子供の頃に好きだったものが才能のヒントと言われます
けれど大人になって思い返して見ると、あんがい思いつかないんですよね
子供なんて好奇心の塊だから、好きなものなんていっぱいあったはずなんです
でも思い出せない、、、
それはきっと「言うほど好きじゃなかったんだ」ということではなく、大人になった僕らの感性が鈍ってしまったからだと思います
だから”才能”はわざと隠れて”感性”を思い出させようとしてくれている気がします
才能と自分とのかくれんぼ
探す側の僕が子供も頃のように楽しみながら遊ぶことで捕まえられるものなのかも知れません
「隠れ上手な 自分であろうと 探す役目も自分だから
また見つかって オニにされたよ ずっと僕と僕との かくれんぼ」
時空かくれんぼ/BUMP OF CHICKEN
最後まで読んでいただきありがとうございます

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の記事

憧れと思考 2017.11.13