自分と向き合う 2017.11.11


自分と向き合うとか自分との対話、というテーマがこのブログは多いんだけど
自分と向き合うってどういうことなのか
どういう状態を向き合うって言うのか
向き合う方法はセッションやセミナー、講座、セラピー、ワークショップ、ヒーリングなどなどいろんな方法があります
まず向き合ってる時って居心地がいいわけではないし、時には気が滅入ることだってあります
向き合う時の多くが自分の嫌な部分や、見たくない部分、これまで避けて来たことを直視しなきゃいけないから
逆に言えばそれらを感じて「うぅ~」ってなってる時って、向き合って変化しようとしている途中の段階です
そして終わった後はめっちゃ疲れる(笑)
これまでの固定概念とか思い込みとかを外したりするんで、知恵熱がでるんじゃないかってくらいエネルギー使うんです
この時に涙を流す人もいるし、時間とともに実感が湧いて来て涙がこみ上げるタイプの人もいます
僕は両方あるので、向き合う内容とかその時々によって変わる感じですね
ともあれ、考え方や見る角度が変わるので以前と同じことが起きても捉え方が変わります
変化の度合いもごろっと変わる人もいれば、ほんの少しだけの人もいます
小さな角度であったとしても、それの伸びた先は大きな差となり、大きな変化へと繋がります
もちろんそういうことをしないと生きていけないわけではありません
しかし、日常感じる生きづらさや息苦しさ
それらがほんの少し見る角度を変えるだけで楽になることもあります
そんな”息苦しさ=生き苦しさ”から1人でも多くの人が解放されて生き生きとした日々を過ごしてもらえたらなぁという想いで僕は活動しています
自分と向き合うことは少し勇気がいることかもしれません
それでも変わりたいという人の姿こそすごく尊いものに感じるから、そういう人たちをサポートするんでしょうね
「愛すべき明日 一瞬と一生を もがいてもがいて 立ち向かって行くから
どれが正しいって 誰にも決める事は出来ないよ そうだろ? ね?」
愛すべき明日、一瞬と一生を/GReeeeN
最後まで読んでいただきありがとうございます

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です