焦りと答え 2017.11.1


20代の頃は何がしたいのかわからず、深い霧の中を彷徨っているような感覚でした
夢や目標があるんだけど漠然としてて、フワフワしてて
そんな自分にまた焦っていました
ちゃんとした夢や目標が無いと幸せになれないと思っていたんですね
でも焦れば焦るほど、答えからは遠ざかってしまうんです
溺れてる時にバタバタとパニックになると余計に溺れちゃうみたいな
焦って無理やり出した答えは、やっぱりどこかでムリが出てしまうし、、、
じゃあどういうスタンスでいればいいんだろうって言うと、目の前のことを楽しむだけです
焦ってる時って早く答えが欲しい時ですよね
明確な”これっ”っていう答え
でも”これっ”っていう答えや感覚は、ある心の状態の時しか出てこないんです
それが楽しんでいる時、もしくはすごく穏やかな時
焦っている時や怒っている時なんかは出ないようになってるんですよ
僕が今の仕事を始めるきっかけは、大好きな人の本を読んでいる時でした
そんな時に”パンっ!”って閃いたんです
その後も本を読んでる時や本屋さんだったり、僕の直感は本を使ってたいがい答えを持ってきてくれます
それは僕が本が好きだからかもしれません
本に囲まれているだけで幸せを感じるので、心の状態も楽しんでるし、とても穏やかですよね
自分がそこに行くだけで楽しめたり、穏やかな気持ちになれる場所や人
そこで過ごす時間を大切にする事で、求めている答えというのは形になっていくのかもしれません
「頑張ってどうにかしようとして 頑張りの関係ない事態で
ふと呼吸鼓動の 意味を考えた」
firefly/BUMP OF CHICKEN
最後まで読んでいただきありがとうございます

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

10月の総括と謝辞 2017.10.31

次の記事

正解と公式 2017.11.2