過ちに気付く    2015.11.23

自分の考えが間違っていることに気がついた瞬間の感覚って想像できますか?
よくドラマやアニメでは、冷や汗流したり、ワナワナ震えたりしていますが私は一瞬、本当に一瞬頭の中が真っ白になり、その瞬間全ての問題のピースが繋がったような感覚でした。
私の過ち、それは8月の「男のヒーロー」のブログにも書いていたのですが、「自分が幸せじゃないのに、誰かを幸せにするなんておこがましい」と書きました。
これは自分が幸せになることで大切な人を幸せにし家族を友人を、、、と幸せの輪を広げていくことが1つの社会貢献だと信じて行動していたことから発した本音です。
しかしこれは裏を返せば「今」私は幸せではないから頑張るという事。
幸せとは掴み取るものではなく、そこにある事に気付くこととあります。
幸せを感じる余裕がなく、「今」幸せじゃない!と潜在意識に刷り込んでいたのです。
さらに私にとって1番大切な人を私の事で悩ませたり苦しませたりして、掴み取る幸せとは何だ?と疑問を感じたのです。
「自分はこうだ!」と突っ走りストイックに行動する様はかっこいいかもしれません。
しかし、一歩間違えれば頑固であり、自分のやり方が楽だから意見を曲げないということです。
いわば、家族をかえりみずに「人類愛が大切だ」と言って社会貢献する活動家のようなものです。
お互いが納得する形で目標に向かって進んでいく。
その姿も1つの幸せの形の体現であると思います。
大切な人が喜んでくれると嬉しいですし、家族が笑ってくれると幸せな気持ちになります。
この感覚こそが、「他人を幸せにする事が自分を幸せにすること」という教えなのかなと感じました。
最後まで読んでいただきありがとうございます。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

クロスオーバー 2015.11.22