スタッフとしての1日 2017.10.7


今日、大阪では西野亮廣さんの出版記念パーティが開かれていますが、残念ながらそれには参加していません
が、僕が今日参加して来たのは西野さんの出版記念パーティの前にファンが集まってプレゼンをしようという会のスタッフとして参加して来ました
主催はゴトーヨーコさんという通貨Lの元ネタを作った方です
合計で20名ほどの方が参加されていましたが、みなさん意識が高い!
プレゼンした方に対してのフィードバックの時間もあり、こういうことを加えたらどうだ?とかここはどういう想いでやってる?とか
だれも「それは無理だ」「厳しいんじゃない」とは言わないんですね
もちろんプレゼンターの方も練ってきた案を、どうすれば更によくなるか?を求めて来ているわけで、当然といえば当然ですが
そんな中、僕のスタッフとしたの役割は「筆談」
参加者の中に1名、耳の聞こえない方がおられました
その方のために参加者の自己紹介やプレゼンの内容を書いて伝えていくのですが、これが思ってた以上に楽しい
一字一句書いていたら間に合うわけはないので、話の中から伝えるべき必要なワードや事柄を選別してリアルタイムで伝えていく
そういう話の聞き方をしてみると本当に必要なことってそんなに多くはないんですね
もちろん情報として意味のないものや雑談もコミュニケーションとしては必要です
会話の肉付けの部分ですよね
多分議事録みたいにノートにまとめろだったら色々ムダなことも書いていたと思います
けど今日必要なのは会話の骨の部分
逆にいえば骨がたくさんあったら情報として溢れかえってしまって、結局何が言いたかったのかわからなくなります
そういう意味ではプレゼンターの方スゴイなぁと思いつつ、よくよく考えたら実生活で「プレゼン」というものがほとんど無いので、すごく貴重な時間だったと感じます
今日の学びを自分のセミナーにも生かしていこうと思います(^ ^)
ーーーーーーーーーーーー
10月22日にイベントに出展します
詳細はこちら→らくカフェmarché出展詳細
ーーーーーーーーーーーーー
「君に伝えたいことが 君に届けたいことが
たくさんの点は線になって 遠く彼方へと響く」
Tell Your World/livetune feat.初音ミク
最後まで読んでいただきありがとうございます

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の記事

隣の芝は青い 2017.10.8