笑顔で挨拶 2017.9.19


以前アルバイトをしていた職場でこんなことがありました
その時の僕はバイトリーダーみたいなポジションで、店のトップの右腕だったのですが
ある日スタッフの1人がトップのやり方にはついていけないと大バトルをして辞めるという事件が起こりました
その発端となったきっかけには僕も少なからず関わっていたのですが、そのスタッフと僕が仲が良かったこともあり、僕も反逆者扱いになり強制的にリーダーのポジションを降ろされ、挨拶をしても話しかけても無視されるという対応に次の日から変わりました
僕自身トップのやり方に不満がなかったわけではなかったんですが、バトるつもりも辞めるつもりも毛頭ありませんでした
ここで身の潔白を必死に説明しても逆効果だなと思ったし、まず無視されると思った僕のとった行動は「今までよりも笑顔で挨拶をする」
言葉が封じられたのなら行動で示すしかないし、「そもそもなんで俺がご機嫌を取らなければならんのだ」と
だったら身の潔白が晴れた時に、無視してたことを後悔させるくらい笑顔で接してやろうと20代半ばの僕は心に決めて挨拶と世間話を来る日も来る日も続けました
原動力は身の潔白を証明したいわけでもなく、トップの仲直りしたいわけでもなく、ただただ後悔させてやるという報復に近い感情です
20代半ばの僕はまだまだ尖って捻くれてますね(笑)
けれど3カ月もすると信頼も回復し朝まで飲み歩く仲になりました
その時には後悔させてやるなんて気持ちは消えてましたね
初めは捻くれた感情を原動力にしたり無視される度にイラッとしたりするんですが、笑顔で挨拶を繰り返していると少しずつそういうのが消えて自然に挨拶してるんですね、もちろん慣れもあると思います
そうやって自分が変わると相手も少しずつ挨拶を返してくれたりして最終的には酒を飲むというとこまでいったわけです
挨拶一つ、されど挨拶一つ
笑顔で挨拶をすることのメリットはいっぱいあるけどデメリットは見当たらないんじゃないかなぁ
ってことは”笑顔で挨拶”はものすごい必殺技な気がします
「君が今悩むなら 彼の話をしよう
出来ないって悩むより どうしたら?って考えた」
イカロス/GReeeeN
最後まで読んでいただきありがとうございます

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の記事

休みとは 2017.9.20