と、思ってみる 2017.9.10


出来なかった自分をどれだけ受け入れてあげられるだろう
出来ない自分、至らない自分、不甲斐ない自分、嫌いな自分
真面目な人や責任感の強い人ほど、自分を傷つけて自分を追い込んでしまいがちだと思う
大人になればなるほど出来ることが増えてくる
だから出来る自分には価値があって、出来ない自分には価値がない
そんな価値観にいつの間にかすり替わってやしないだろうか
もしそうなら赤ちゃんは何にも出来ないし、むしろ手がかかる始末
にもかかわらず、みんなして大切に育てるのは存在自体に価値があるから
と言ってもいきなり「自分は存在自体に価値がある!」とはなかなか思えない
だってそんな価値基準を長い間忘れていたんだから
だから「自分には存在自体に価値がある!と思ってみる」
「なんか自分には存在自体に価値があるらしいよ」
ってちょっと他人事みたいでもかまわない
今までより少し価値があると思って生きてみる
そうすれば出来ない自分も少しずつ許せるようになるんじゃないかなぁ
「大嫌いな弱い僕を ずっと前にここで置き去りにしたんだ
何回転んだっていいさ 何回迷ったっていいさ」
ダイヤモンド/BUMP OF CHICKEN
最後まで読んでいただきありがとうございます

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

朝の青空 2017.9.9

次の記事

手放した先に 2017.9.11