選択的注意 2017.8.15


今日スーパーの唐揚げコーナーでの一幕
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
若い女性「お兄さん、この唐揚げください」
店員さん「どのくらいお取りしましょ」
若い女性「えっ、、?お母さんどうしよう?」
女性の母「知らんがな、あんたが食べたいんやろ」
若い女性「んーーーー5個?、、」
店員さん「(困惑)、、5個でいいですか?」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
僕は心の中で全力でつっこみました
「なんで、食べたい数わからんねん!!」と
ただよくよく考えると、このパターンってけっこうあるんですよね
例えば
「どっか行きたいなぁ」
「どこに?」
「んーーーー??」
「パーっと遊びたいなぁ」
「例えば?」
「んーーーー??」
こんなふうにこうしたい、ああしたいという感情が湧き上がることはいいんですが、あと一歩の具体的な願いが抜けちゃってると、なかなかそれって叶いにくいんですよね
人間の脳や目にはオートフォーカス機能が付いていて、「これ」って意識を向けると勝手にその情報を集めようとします
例えば欲しいなあと思っている車やバッグのことを考えていたら、街中でやたらと同じ車種や同じ色のバッグを持っている人がいるような気がしたり
子供が生まれてからタバコや栄養に対してすごく敏感になった方もいます
試しに部屋で目を閉じてみてください
目を閉じたまま「赤色」を思い浮かべてみます
思い浮かべたら目を開けてみてください
すると部屋の中にある「赤色」にいつもより気づくことができます
効果は開けた瞬間くらいですが、
色んな色がある本屋さんや雑貨屋さんなどで行うとよりわかりやすいかもしれません
(くれぐれも他の方の迷惑にならないよう行ってください)
こんなふうに具体的に思い浮かべることで、欲しい情報を自動的に集めてくれるます
ぜひあと一歩、具体的にしてみるクセをつけてみてください
「恐れないで 目指す場所 出来る出来ないは後回し
きっとどんな毎日でも 動き出す勇気 共に」
イカロス/GReeeeN
最後まで読んでいただきありがとうございます

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

毎日が記念日 2017.8.14

次の記事

口癖から 2017.8.16