心は顔つきに表れる 2017.7.10


20歳の頃、居酒屋でアルバイトをしている時のこと
その日、どうしても休みたかった僕はどうしたら休めるか考えた
けれど結局いい案は思いつかず出勤したものの、やる気は出ず、こうなったら「体調悪いです」と言って帰らせてもらおうと責任者の元へ
「すいません、体調悪いんですが、、、」
『ん?今のお前は顔つきが悪い』
と一蹴されました(笑)
顔色でもなく顔つきかよ、、、と当時の僕は思いましたが、今でも覚えているということは衝撃の一言でもあったんです
浅はかさが見透かされていたのも恥ずかしかったですし、自分の心が顔つきとして悪いなんて、、と
心というものは目には見えないので、綺麗なのかそうでないのかはわかりません
けれど、その心を受けて僕らの表情や顔つき、雰囲気は確実に相手にわかる形で伝わります
風邪や体調悪くて顔色が優れない時はあるかもしれませんが、顔つきは常に良くありたいですね
「等身大の自分も愛していけたらいいな
たとえ人が笑ったとしても
いつの日か心の花びら咲くように lala…」
Sora/ナナムジカ×のだめオーケストラ
最後まで読んでいただきありがとうございます

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

自分を育くむ 2017.7.9