自分を知る 2017.6.27


ふと自分の昔を思い返すと、僕はうまくいかないとすぐに諦めてしまう子供でした
小学生の頃スイミングを習っていましたが、進級出来なくなると嫌になって辞めたり
実は芸大に通っていたことがあるのですが、遠いし面白くないしですぐに辞めてしまいました
演劇も理由はありますが、100%納得していたかというと疑問が残る辞め方でした
どちらかというと納得させたというか、正当化したというか、、、(笑)
逆に最後までやりきったことと言えば
ゲームを最後までクリアするとか
プラモデルを完成させるとか
舞台公演をやり切るとか
ドラッグストア勤務も自分の中ではやりきったと思っています
この二つの違いを比較すると、辞めてしまったのは親に勧められて始めたり、自分の中で「やる理由が無い」ときなんです
反対にやりきったのは自分が選んで楽しいことや「やる理由」が明確な時でした
僕らの脳は
「誰かのために」と思えば力を発揮し、相手が喜んでくれることが喜びになるタイプの人
「自分のために」で力を発揮して、自分が喜ぶことがなにより幸せだと感じるタイプの人
「自分のために」で力を発揮して、相手が喜ぶことで幸せを感じるタイプの人
この3パターンに分かれると以前聞いたことがあります
ちなみに僕は脳のパターンを調べてもらって3つ目のタイプでした
自分を知るということは、何かを為す時の行動力や達成率を上げるためにとても大切です
いわゆる「上手くいく方法」などで効果が出ないのは自分のタイプとは違う人のやり方なのかも知れません
まずは「自分というものを知る」ところから始めるといいかもしれません
「本当の声はいつだって 正しい道を照らしてる」
アンサー/BUMP OF CHICKEN
最後まで読んでいただきありがとうございます

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です