涙を流そう 2017.6.5


悲しかったり、やるせなかったり、ショックだったり、辛かったり、不甲斐なかったり
いろんな場面で泣きたくなる瞬間ってあると思います
そんな時、涙をガマンしていませんか?
自分の感情を押し殺して平静を装っていませんか?
感情を感じたら溢れてくるのが怖いと思っていませんか?
確かに大勢の前で大泣きするのは社会的な立場もあるかも知れませんが、家で1人の時や心許せる人といる時に子供のように泣きじゃくっていいと思います
感情をせきとめると、その感情はずっとそこに溜まったままになります
一度感じて涙を流す事で浄化されていきます
泣いた後ってなんだかスッキリするでしょ?
泣きたくなる時って女性でも男性でも、大人も子供もみんなあります
理由もわからず涙が出てくるときはちょっと危険信号
そんなときはそっと自分の感情に寄り添ってみてください
「悲しくて悲しくて とてもやりきれない
このやるせないモヤモヤを 誰かに告げようか」
ザ・フォーク・クルセダーズ
最後まで読んでいただきありがとうございます

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の記事

幸福論 2017.6.6