否定と非難と理解の心 2017.5.30

理解できないものを否定したり、非難したりはいつでも出来ます
大切なのは、それを理解しようとすること
人間同士、100%理解し合えるのは難しいと思います
けれど、難しいからといって理解しようとしなければ互いの意見が交わることはなく平行線が続いていきます
例えば喫煙🚬
僕からすればデメリットだらけで良いイメージのものではありません
むしろ根絶したいくらい嫌ってたりします(笑)
でも相手からすればその人にとってのメリットや吸う意味があり、生活の一部に入っているわけです
それを頭ごなしに否定し、非難し、正当性を説いたところで残るのは仲違いした関係だけで、なんの解決にもなりません
だって否定して非難して辞めさせようとするのは、相手のことが大切だからです
別にどうでも良いと思っている人なら、興味を持たないでしょう
本当の意味での解決はどんな形なのか
その第一歩が理解しようとすることなんだと思います
とは言え、人って否定したくなってしまうものです
やけに腹立つ態度だな、、なんて感じる時は自分が遠回しに否定するような話し方を相手にしていたりするもんです
否定されたり非難されたら、まるで貝の殻がピッタリ閉じたかのように心が閉じます
閉じるのは一瞬なのに開けるのは時間がかかりますしね
僕はどうしたら理解できるだろうと思って、自分に当てはめて考えてみるようにしています
相手の言うメリットや感覚って、僕がこの趣味に感じてるものに近いなぁ、、とか
同じじゃなくていいんです
近いなぁくらいで、もっと言えば的外れでもいいと思います
要は理解しようとする姿勢が大切なんだと思います
「優しい言葉の雨に濡れて 傷は洗ったって傷のまま
感じる事を諦めるのが これほど難しい事だとは」
HAPPY/BUMP OF CHICKEN
最後まで読んでいただきありがとうございます

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

孤独の付き合い 2017.5.29

次の記事

5月の総括と謝辞 2017.5.31