恐怖を越えて 2017.5.19


おととい、G.W働きづめだった自分へのご褒美も兼ねてUSJに行って来ました
当初の目的はドラクエだったのですが、終わって一番印象に残ってるのは絶叫マシンのハリウッドザドリームとダイナソーです
僕は絶叫マシンが苦手です
特に高所がイヤで、20歳ごろまでは乗れていたのですが、それからは避けてきました
けれど、せっかく来てるし10年前の自分に負けるわけにはいかないという思いと、彼女や子供ができた時に「一緒に乗ろう」と言われて乗れないのはなんだか悔しいので、乗れるようになりたいと思ってました
いざ並ぶと平日の閑散期なので、心の準備の間も無く目の前にコースターが迫りました、順番が近づけば近づくほど呼吸が浅くなってくるしそれに伴って緊張度も上がってきます
脈拍も上がるし、手が少し震えてきます
コースターに乗り込み、徐々に高さが上がっていき一番上に達する時、緊張もマックスになります
けれど、スピードに乗れば怖いというより、めまぐるしく変わる状況や景色で実際何を考えてたか覚えてません(笑)
少し慣れてきた頃に楽しさが少し湧いて、おしまいって感じです
終わった後は手足は震えていましたが開放感がありました
振り返ってなんだかチャレンジしていく流れに似ていると思いました
やった経験のないことや、行ったことのない場所、知らない環境に飛び込んでいくことは、とても怖いし、不安だらけで、緊張します
ゆっくり確実にその日に向けて進み、その日がくれば一気に状況は加速します
初めは日々をこなしていくことや状況に流されることしか出来なくても、慣れてきた頃に喜びや楽しさを感じられるようになる
やってみると怖かったけど、やって良かったと思えるし
一番怖いのは最初の瞬間なんですよね
そこを越えるための一歩は勇気が要ります
そして「勇気」は生まれつきのものではなく、使うことで磨かれる”技術”です
「うっ、、」と思った時こそ一歩前にでることをちょびっと意識してみるのはいかがでしょうか
「最近ストレッチを怠ってるからかなぁ?
上手く開けないんだ、心が。ぎこちなくて」
箒星/Mr.Children
最後まで読んでいただきありがとうございます

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

チャンスに備えて 2017.5.18