恋愛の痛み 2017.5.14


先日、友人が失恋をしました
相手が自分に対してもう気持ちがないことを知り、自分から別れを告げたそうです
僕はどちらかといえば振られる方が多かったので、どんなに相手の事が好きでも半ば受け入れざるを得ない状況でしたが、友人のように好きなのに別れを告げるというのは、とんでもない勇気と覚悟がいることなんだろうと思います
僕は相手の気持ちを知りながら、延命に延命を重ねて、相手に言わせてしまうってパターンもあるので(笑)
全部終わった後に「これでよかったんですよね」と同意とも自分に言い聞かせているともとれる一言が耳に残っています
僕らは色んな経験や体験を通じて成長していきますが、こと恋愛というフィールドにおいての経験値の量が一番大きいと思います
それは仲が深まれば深まるだけ、心の深い部分、無防備な心で接していくから得られるものも多く、時に激しく傷ついてしまう
もう2度とこんな思いはしたくない
もう2度と傷つきたくない
そう決めても、またきっと人を好きになれるのが僕らだと思います
一年半前、僕が失恋で傷ついた時救われたのがこの言葉でした
「別れの辛さに馴れることは決してありません。
幾度繰り返しても別れは辛く苦しいものです。
それでも、私たちは死ぬまで人を愛さずにはいられません。それが人間なのです。」
これは瀬戸内寂聴さんの言葉です
きっと、「これでよかったんだ」と心から思える日が友人には来るでしょう
こんなにも、強くて優しい人なのだから
「◯×△どれかなんて 皆と比べてどうかなんて
確かめる間も無い程 生きるのは最高だ
あまり泣かなくなっても ごまかして笑っていくよ
大丈夫だ あの痛みは 忘れたって消えやしない」
ray/BUMP OF CHICKEN
最後まで読んでいただきありがとうございます

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

頭の満員電車 2017.5.13