社会貢献って 2017.5.10


僕は仕事なんて嫌いで、なんでこんなしんどいことを延々として、生活していかなきゃいけないんだろうと思ってました
偉い人の話を聞きに行っても「社会貢献」とか「人の役に立つ」とか、何綺麗事言ってんだろうと冷ややかに見ていたこともあります
自分が苦しいのに社会とか知らないし、知らない誰かのために働くなんてまっぴらごめんだと
でもある時読んだ本に社会貢献の”社会”とは大好きな人のことだと書いてました
愛する奥さんや大切な子供とか(まだどっちもいませんが、笑)自分の家族から始まるものだと書いていたんです
社会とか誰かのためになんて言うと漠然としすぎてピンと来なかった僕ですが、そう言われるとイメージしやすく、「なんだ、うちの両親がしてくれてることが社会貢献なのか」と思えました
そして、まだ見ぬ家族にどうあって欲しいかと思ったら”楽しそうに笑ってて欲しい”です
しんどそうに家事をして欲しくないし、嫌そうに幼稚園や学校に行って欲しくない
僕が毎日嫌いな仕事をして疲れて帰ってくることに心配して欲しくない
じゃあそれに対して僕が出来ることなんて、楽しく仕事をして、ちゃんと稼いで、仕事って楽しいもんだと、大人になるって楽しいことなんだと見せてあげることしか当時の僕は思いつきませんでした
この考え方が正しいかどうかは別として、この時の想いが今の僕のベースにあります
好きなことをする、やりたいことをする
それは確かに”自分のため”ですが、長い目で見ればその先に家族がいて、友人がいて、知り合いがいて、社会へと繋がって、間接的にでも誰かの役に立っていて欲しいと思い、今日も仕事へ向かいます
「汚れたって受け止めろ 世界は自分のモンだ
構わないから その姿で 生きるべきなんだよ
それも全て 気が狂う程 まともな日常」
ギルド/BUMP OF CHICKEN
最後まで読んでいただきありがとうございます

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

みんなで見る夢 2017.5.9

次の記事

思い込みのメガネ 2017.5.11