見返りを求めない覚悟 2017.5.4


”愛”って何?と聞かれたら
十人十色、それぞれの愛の形や考え方があると思います
その中でもよく言われてるのが
「見返りを求めないこと」
確かに見返りを求めず、誰かに尽くしたりできれば、それはとても素晴らしいことです
しかし、実生活でどれだれ実践できているでしょう
僕なんかは打算的な考え方をよくしてしまうので、ついつい見返りを求めてしまいがちでした
見返りを求めることを別の言葉で言うなら、相手に対して期待したり、甘えているとも言えます
なので僕は「見返りが無くてもいい」と覚悟してからやることにしています
”覚悟を決める”と言うとなんだか大層に聞こえますが
「僕がやりたくてやってるんだ、やらせてもらってるんだ」と捉えてる感じです
そうすれば誰かに強制されたわけでも、褒められたいわけでも無いですから、見返りが無くて当然と思えるわけです
僕のこの思考回路は見返りうんぬんというより、基本的に全部そんな感じです(笑)
何をするにも「見返りが無くてもいい」「失敗したっていい」「損したっていい」と覚悟して行います
もちろん20代から癖付くようにしてきたというのもありますが
そうすると全てが自分の責任になります
誰のせいでもありません
なんだか重たいっ!って感じるかもしれませんが、周りのせいにしなくなってくるのであまり怒ることもありません
結果人間関係も円滑に進んでるように思います
突き詰めれば、誰も自分の人生に責任なんてとってくれません
自分の人生は自分で責任を取るしかないですよね
ただ全部背負いすぎて潰されてしまっては元も子もないですので、バランスが大切ですが、そういう時って自分以外の責任も必要以上に背負ってしまっている時じゃないかな?って思います
自分の人生を歩むために、自分の人生に責任を持つ
きっとこうして歩いている人たちが見返りの求めない”愛”に気づいていけるのではないでしょうか
「自分で選んできたのに 選ばされたと思いたい
一歩も動いちゃいないのに ここがどこかさえ怪しい」
(please)forgive/BUMP OF CHICKEN
最後まで読んでいただきありがとうございます


ことだま鑑定のお申し込みはこちらから
お茶会、イベントのご依頼もお待ちしております


Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

休みの極意 2017.5.3

次の記事

こどもの日 2017.5.5