自分から伝える 2017.5.2


仲良くなればなるほど、相手との距離が近づけば近づくほど
「これくらい言わなくてもわかるでしょ」
って相手への期待が膨れてしまう
確かに長い時間を一緒に過ごせば、わかることも増えてくるけど、全部がわかるわけじゃない
相手の言う”これくらい”さえわからない
だから僕らは口があって、言葉があって
言わなきゃ伝わらない
好きなら「好き」、いやなら「嫌」
気恥ずかしかったり、意地が邪魔したりするんだけどね
どんなに仲良くなっても、自分から自分の気持ちを伝えることを忘れてしまえば、相手にばかり期待して、満たされなくて、、、
そりゃそうだね、自分の気持ちを伝えてないんだから
それにドライなことを言えば、家族でさえ”自分”と同じじゃない
別の人間”他人”だから
価値観だって、モノの捉え方だって、怒りを感じるポイントだってそれぞれある
言わないでわかってもらおうとしてること自体が傲慢
わかってもらおうと思うなら、こちらも伝えようとしてみないとね
恥ずかしかったり、意地になるのは相手も同じ、お互い様
だから勇気を出して、それを越えて言葉にすることが、相手からの安心や信頼に変わっていくんじゃないかなぁ
「意地や恥ずかしさに負けないで 心で正面から向き合えるよ」
リボン/BUMP OF CHICKEN
最後まで読んでいただきありがとうございます


ことだま鑑定のお申し込みはこちらから
お茶会、イベントのご依頼もお待ちしております


Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

共に過ごす相手 2017.5.1

次の記事

休みの極意 2017.5.3