スナオ 2017.4.16


今日はいつもお世話になっている方とジャズの生演奏が聴けるバーに行きました
やっぱり生演奏はレコードやCDで聞くものとは違う迫力があります
「百聞は一見にしかず」ということわざがありますが、
これは「人に何度も聞くより、一度自分の目で見た方がよくわかる」という意味です
ジャズを知らない人にあーだこーだ言うよりも聴かせれば早いし
リンゴを知らない人なら食べて貰えばすぐにわかります
わざわざ「赤くて、丸くて、、」と説明する必要がないわけです
体験に勝る経験はないということですね
目の前でジャズの生演奏が行われていたら、皆さんはどういう楽しみ方をしますか?
流れて来る音楽に耳を預け楽しむでしょうか?
僕は音楽ももちろん聞いてはいますが、1番見てるのは演奏者の目線や表情、空気感といったものです
特にリードパートじゃない方の(笑)
これも僕が演劇をしていた経験があるから、そういうところに意識が向くのかなと思います
経験を積むためには「やってみる」という体験が必要です
そして、やってみる為には
”素直”になるのが一番です
素直とは
拗ねない
舐めない
恐れない
の頭文字をとってスナオなんだと教えられたことがあります
スナオにやってみる
結局それが、一番の近道だったと思える日が来るのかも知れませんね
「遠回りしてるようで これ一番の 僕にとっての 望む近道と」
Cry Baby/SEAMO
最後まで読んでいただきありがとうございます


ことだま鑑定、個人セッションのお申し込みはこちらから


Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

流れ 2017.4.15