情報との共存 2017.4.10


ちょうど1年前、僕は福井県永平寺で禅の修行体験に参加しました
その時の模様はこちらを
→参禅修行を振り返って1
→参禅修行を振り返って2
→参禅修行を振り返って3
→参禅修行を振り返って4
→参禅修行を振り返って5
→参禅修行を振り返って 終
色々と学びの多い3泊4日でしたが、振り返って新鮮だなぁと思うのは、期間中ノー電波ライフだったこと
スマホはもちろんカメラも預けていました
返却が許されたのは3日目の登山の時だけで、その時もスマホのカメラ機能だけという制約付き
基本的に外界との接触が全く無い状態です
このブログも、アップするSNSもゲームも動画も、今は常にネットに繋がっています
一昔前まで友達と遊ぶ時は、「◯時に△集合で」と言ってそれぞれ集まります
今のように
「今◯◯辺り」とか
「駅ついたけど、どこ?」とか
「ごめん、ちょっと遅れる」とか
連絡手段がそもそも無いんですよね
先日20歳の子に「そんなんで、どうやって集まれるんですか?」と驚かれました(笑)
無いなら無いなりに出来るもんだと言って僕は笑っていましたが、実際スマホを持たず出歩くとなるとやはり不安ですね
これからの時代スマホが財布の代わりに本格的になると言われてますし、僕らとスマホ(ネット)との共存はより深まると思います
共存するからこそ、付き合い方が大切になるんではと僕は思います
ソーシャル疲れ(SNS疲れ)なんて言葉も出てきていますし
誰でも情報の発信者になれる分、誤った情報も増え情報に振り回されかねません
これは、僕の持論ですが
多くの情報が簡単に手に入るし、勝手に入ってくる時代ですが、その多くは自分にとって必要ないもので、自分にとって価値のある情報は自分から取りにいかないと出会えないと思います
もちろん、初めはテレビ、雑誌、人から入ってくるのですが、その情報を価値あるものにするのは自分自身という感じですね
そのためにも”自分”というものをしっかり持つことが大切だと思いますし、情報を見定める”目”や”感覚”を磨いていくことって想像以上に優先順位が高いことかも知れません
あっでもたまにはノー電波ライフも肩の荷を下ろした様な気分になれるのでオススメです(^^)
「言い訳ばかりしている僕だけど 今か今かと この胸は震えてる 本当の姿が 僕にはあるはずさ」
W/松岡充
最後まで読んでいただきありがとうございます


ことだま鑑定、個人セッションのお申し込みはこちらから


Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

経験 2017.4.9

次の記事

美味い食事 2017.4.11