待機電力 2017.3.29


電気は普段目には見えません
けれど、コンセントを挿せばテレビはつくし、掃除機はゴミを吸い取り、ドライヤーは髪を乾かしてくれます
目には見えないけれど、確かにそこに電気というエネルギーが存在しています
コンセントを挿しっぱなしにしていると待機電力としてテレビを見ていなくても、髪を乾かしていなくても電気というエネルギーを消費します
そのため節約のために使っていないものはコンセントを抜いたりしますよね
同じように僕たちもエネルギーを消費して行動しています
体を動かすことも、頭を使うことも、エネルギーを消費します
では僕らにとっての待機電力とはなんでしょう
必要がないのに奪われてしまうエネルギー
それはやることの「先延ばし」です
朝、「今日は帰ったらあれとあれをしよう」と思っても疲れて帰ってきて出来なかったり、または別のことを優先して出来なかったり
そして、次の日の朝また同じように「今日こそは帰ったらあれとあれをしよう」と思う
けれどまた同じように先延ばししてしまったり、、、
思考することもエネルギーを使いますから、先延ばしにする度に「今日こそは」「昨日も出来なかった」とエネルギーを消費するわけです
何事も行動が早い人が上手くいくと言われますが、無駄なエネルギーを消費していませんから、その分やるべきことにエネルギーを注げるわけです
そして、困ったことに一度先延ばしのクセがつくとなかなか抜け出すことが出来ず、毎日同じことにエネルギーを使ってしまう
いわゆる「漏電状態」に陥ってしまいます
そして先延ばしにすればするほど、やるはずの行動量は変わらないのに、行動するために必要だと感じるエネルギー量は増えていきます
それが”めんどくさい”という思いですね
必要なことに必要なエネルギーを
大切なエネルギーを漏電させないように
先延ばしではなく、”すぐやる”という意識を向けてみましょう
「大切な今 日々の中で ただ胸張って 『歩み』続けよう」
歩み/GReeeeN
最後まで読んでいただきありがとうございます


”めんどくさがりな自分を解消したい”
そんなあなたをサポートいたします
ことだま鑑定、個人セッションのお申し込みはこちらから


Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

母の誕生日 2017.3.28

次の記事

たった一度の勇気 2017.3.30