僕の誕生日 2017.3.25

今日で33歳になりました
多くの方にお祝いの言葉をいただいて、胸があったかいです
バースデーということでこれからの抱負とかを書こうかと思いましたが、なんだかまとまらなさそうだったので僕の1番好きなバースデーソングを紹介したいと思います



「HAPPY」BUMP OF CHICKEN
作詞作曲 藤原基央
健康な体があればいい 大人になって願う事
心は強くならないまま 耐えきれない夜が多くなった
少年はまだ生きていて 命の値段を測っている
色々どうにか受けとめて 落書きの様な夢を見る
優しい言葉の雨の下で 涙も混ぜて流せたらな
片付け中の頭の上に これほど容易く日は昇る
悲しみは消えるというなら 喜びだってそういうものだろう
誰に祈って救われる つぎはぎの自分を引き摺って
闘う相手さえ解らない だけど確かに痛みは増えていく
教わらなかった歩き方で 注意深く進む
膨大な知識があればいい 大人になって願う事
心は強くならないまま 守らなきゃいけないから
少女はまだ生きていて 本当の事だけ探している
笑う事よりも大切な 誰かの手を強く握って
優しい言葉の雨に濡れて 傷は洗ったって傷のまま
感じる事を諦めるのが これほど難しい事だとは
終わらせる勇気があるなら 続きを選ぶ恐怖にも勝てる
無くした後に残された 愛しい空っぽを抱きしめて
借り物の力で構わない そこに確かな鼓動があるなら
どうせいつか終わる旅を 僕と一緒に歌おう
Happy birthday
優しい言葉の雨は乾く 他人事の様な虹が架かる
なんか食おうぜ そんで行こうぜ
これほど容易く日は昇る
悲しみは消えるというなら 喜びだってそういうものだろう
誰に祈って救われる それよりも大切な手をとって
勝ち負けの基準も解らない だけど確かに守るものがある
教わらなかった夢と共に 少年は大人になった
続きを進む恐怖の途中 続きがくれる勇気にも出会う
無くした後に残された 愛しい空っぽを抱きしめて
消えない悲しみがあるなら 生き続ける意味だってあるだろう
どうせいつか終わる旅を 僕と一緒に歌おう
Happy birthday


HAPPYの動画リンク(YouTube)


僕がBUMP OF CHICKEN好きなのはブログを読んでいただいている方がいらっしゃれば「やっぱりね」と思ったかもしれません(笑)
歌詞を見ていただければわかる通り、ありきたりな「誕生日おめでとう🎉」という内容とは少し違います
というより全然バースデーソングっぽくないです(笑)
この歌詞を見て、この歌を聴いて、何を感じるのか、どこに惹かれるのかは人それぞれだと思います
僕自身聴くタイミングによって、惹かれる部分はいつも変わります
けれど、
”終わらせる勇気があるなら 続きを選ぶ恐怖にも勝てる”
この曲は2010年にリリースされたので、今日までの7年間、このフレーズに僕は何度も励まされました
自分で何かしたいという漠然とした想いを20代に抱えながらも何をしたいのかわからない
何が出来るかもわからない
過ぎる日々に焦りと悩みと不安と、色んなものが
混ぜこぜになっていました
「自分で何かしたい」という想いさえ棄てれば、今感じている悩みも不安も解消されることはわかっていました
何度も棄てようと思いました
でも、棄てられませんでした
今まで歩いてこられた根底にはこのフレーズがいつも支えてくれていたように思います
33歳になった今も色んな悩みは尽きませんが、昔のような焦りや不安はずっと少なくなったように感じます
それは”続きがくれる勇気にも出会う”の歌詞の通り、多くの人との出会いがありました
応援してくれる人
励ましてくれる人
同じように続きを歩んでる人
心の痛いところをついてくる人
批判をしてくる人
きっとそんな人たちとの出会いが僕に続きを進む勇気と自信をくれたからだと思います
そしてこれからも多くの方と出会いながら、”ゆうき”という名前の通り
誰かに勇気を与えられるような生き方をしていきたいと思います
最後まで読んでいただきありがとうございます
そして、出会ってくれてありがとうございます

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

自分を知ること 2017.3.24

次の記事

あなたのためよ 2017.3.26