機嫌良く過ごすために 2017.3.21


自分のパフォーマンスの質を上げるために知識や技術を磨いていきます
けれど、どんなに知識を持っていても、どんなに技術が優れていても
その時、自分の機嫌が悪かったらどうでしょう
今出せる最高のパフォーマンスが出来るでしょうか
スポーツ選手が試合前に「仕上げて」きたり「コンディションを「整えて」という事をコメントしていますが、それは技術や体調はもちろんメンタル面も含まれています
日常の僕たちは何かのプロというわけではないかもしれませんが、自分の機嫌が良く過ごすのと、機嫌が悪く過ごすのと、どっちがいいでしょうか?
機嫌良く過ごすのも機嫌悪く過ごすのも、不可抗力ではなく、自分で選択することが出来ることです
機嫌悪くいたいなら、何にでも不満やイチャモンをつけ、粗を探せば出来上がりです
逆に機嫌良くいたいなら、相手の良いところや優れているところを見つければいいわけです
「この人の良いところはどこだろう?」
いつもより少しだけ、相手の良いところに目をやってみてはいかがでしょうか
「夕焼け空 きれいだと思う心を どうか殺さないで
そんな心 馬鹿正直に 話すことを馬鹿にしないで」
真っ赤な空を見ただろうか/BUMP OF CHICKEN
最後まで読んでいただきありがとうございます

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

絶対の可能性 2017.3.20

次の記事

嫌わなくていい 2017.3.22