息苦しさ→生き苦しさ 2017.3.17


”息苦しい”と感じたことはありませんか?
あっ別に水中とか霊的なものとかではないですよ(笑)
僕は今から5.6年前、まだドラッグストアの店長をしていた時に日々感じていました
言いたい事も言えず、ただ怒られながら仕事をこなす日々に意味も見出せず
「俺は何をやってるんだろう、、」と日付が変わる頃に家に着いてビールを飲んで寝る
そんな毎日の中で”息苦しさ”は”生き苦しさ”へと変わりました
ストレスとは恐ろしいもので当時の写真を見ると、今よりも老けて見えます(笑)
それに恥ずかしい話ですが、体臭もキツくなります
特に足の臭いがひどくて、当時は帰ってくるなり足を洗いに風呂場へ直行していました
その頃には職場に向かう電車の中で毎日腹痛に襲われます
「辞めます」の一言がなかなか言えなかったのは、上司も僕と同じような環境を更に上の上司から言われているのを知っていたからです
数ヶ月後、いろんなタイミングといろんな想いが重なって、僕は店長職を降りることができました
その後僕はセラピストとして癒しの道に進むのですが、これは”まず自分が癒されたい”と思ったからです
どうすれば自分を癒すことができるのだろう
何をすれば自分を癒すことができるのだろう
ヒプノ以外にも勉強したものはいくつかありますが、きっと自分が癒されてきたんでしょうね
どんどん意識が外に向き始めました
あの日の僕と同じような思いをしている人の力になりたい
もしあの時、自分を癒す方法を僕が知っていたら
もしあの時、誰かに癒してもらえたなら
きっと違った未来になっていたと思います
僕はこの道を進んだことに後悔はありませんし、良かったと思っています
しかし、ベストな答えは似たような環境にあっても人それぞれ違います
その人の可能性を広げ、その人にとってよりベストだと思える答えに辿り着くお手伝いが出来ればと思っています
きっと息苦しさは自分に素直に生きていない時
知らず知らず、自分の手で自分の首を絞めつけてしまっている
そういうものじゃないかなぁと思います
「無理して我慢して生きてても 明日はやってくるけど笑えない
誰かと比べる必要なんてない 君は君のままでいいんだよ」
BRAVE/ナオト・インティライミ
最後まで読んでいただきありがとうございます

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

やろうやろう 2017.3.16

次の記事

小さな声かけ 2017.3.18