やろうやろう 2017.3.16


夜、なかなか寝つけなくて
「寝よう寝よう」と思えば思うほど目が冴えてしまう
こんな経験、誰しも一度は体験したことがあると思います
焦れば焦るほど眠れなくなってしまうんですよね
これは「寝よう」の言葉の中に「寝なければならない」という意味が込められているから
人は義務感を感じるとそこから逃れようとします
更に焦ると交感神経が優位になるし、頭の中のイメージは寝ないとどうなってしまうかの姿が浮かんでいるので余計に寝られない状態を作ることになります
これと同様に
「やろうやろう」と思っていることになかなか手がつけられない
そんな時はないでしょうか
これも心のどこかで「やらなきゃいけない」という義務感が、やらなくてもいい理由を探してしまうという悪循環になります
どうすればこの悪循環から抜け出せるのか
どこかで根性入れて取り組むしかないのですが、その時に”今日はこれだけ”とやることを小さく区切ります
全部を一回でやろうとするのでめんどくさかったり憂鬱になってしまうのですが、その量が小さければその抵抗も少なくなります
何より大事なのはやろうと思っていることを終わらせることではなく、まず”手をつける”こと
第一歩が何よりも力が要ります
自転車の一漕ぎ目と同じですね
なのでめんどくさい気持ちがあっていいんです
まずは「これだけ」を意識してはいかがでしょうか
「自分で動き出さなきゃ 何も起こらない夜に
何かを叫んで自分を壊せ!」
WOW WAR TONIGHT~時には起こせよムーヴメント~/H Jungle with t
最後まで読んでいただきありがとうございます

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

仕事の心得 2017.3.15