褒める 2017.3.14


昔の僕は食べ物の好き嫌いも多かったのですが、人の好き嫌いも多い子供でした
人見知りということもあり、嫌いというよりは苦手と言った方が正しいのですが、当時はその区別もよく分からなくて「嫌い」というカテゴリーに入れていました
なので嫌いな理由も別に嫌なことされたとかは無く、「な~んとなく顔が」「な~んとなく雰囲気が」とか「僕の好きな子と仲が良いから」とか「クラスでノリが良くて明るいから」などなど
もう妬み以外の何者でもないものまでありました(笑)
だからそんな人たちと少し話すとわかっちゃうんですよ
「あっ、こいつ良いやつじゃん!」って
”なんとなく”って理由の人とは、嫌っていた分より好きになりました
食わず嫌いみたいなもんですね
けれど”妬み”が理由の人の場合、すごく葛藤がありました
良いやつと認めると自分が負けたことを認めるような気になって
「あいつと話したら絶対良いやつって思ってしまうから話したくない」とさえ思っていました
相手の良いところや輝いているところを認めることで自分が負けるくらいなら、惨めな思いをするくらいなら、嫌いなままでいたかったんです
嫌いな奴、ムカつく奴でいて欲しかったんです
でも良いやつは変わらず接してくれるわけです
妬みは憧れの裏返しみたいなもので
あいつみたいになりたいなぁ
あいつと友達になりたいなぁってことでもあります
ある日僕は彼を”友人”として受け入れました
不思議なことに悔しい気持ちも、敗北感もなく、あるのは”楽しい”だけでした
「相手の良いところを素直に認めること」と
「自分が負けること」はイコールではありません
良いところを良いと、言える素直さと強さは決して負けたり劣ったりするものではなく、
とても大きな魅力の一つであると思います
僕たち日本人は「褒める」というのが少し苦手ですが、周りの大切な人から少しずつ褒めてみてはいかがでしょうか
きっとそれは自分の器を広げていくことにもつながっていくと思います
「だけど信じられる人がいると 日々が少し明るくなる 意固地になっていた自分のこともわかる」
現実という名の怪物と戦う者たち/高橋優
最後まで読んでいただきありがとうございます

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の記事

仕事の心得 2017.3.15