身体の健康、心の健康 2017.3.11


「病は気から」と言うようにメンタル状態が身体に影響することは多いですよね
メンタルヘルスという言葉も2000年を越えてやっと聞くようになって来たと思います
僕自身、メンタルという分野を扱うのでメンタルヘルス寄りですが、何事もバランス
身体の健康も忘れてはいけません
ここ2週間ほどずっと風邪の症状に悩まされているのですが、この間どうしてもネガティブな発想の方が多くなります
体力も落ちているので行動力も落ちます
ですので、健康を損なうと心も病みます
例えば腰痛に悩まされている人であれば、何をするにしても無意識に腰に負担のかからない体制で動こうとします
そうなると思い切り身体を動かすというのは難しいかもしれません
以前腰痛持ちの方と話した時、何をするにしても”腰が痛い”ということが先に出て来てしまうと聴いたことがあります
健康被害=悩みになるので、心がどんどん悩みに占領されていってしまうわけです
健康を意識する上で必要なのが正しい知識です
極端な例ですが、風邪を引いてあったかい物を食べようとカップ麺を食べる
これはNGだと多くの人がわかります
温かいですが、栄養バランスが取れませんよね
先日、マイ箸ブームの火付け役の方とお話しした時、割り箸の危険性について勉強させていただきました
あんなに白くて綺麗な割り箸は自然にできるものではなく、漂白剤や防カビ剤によるもので、特にカップ麺などの温かいものを食べるときにその成分が溶け出してきます
僕は一時健康オタクだったこともあり、日用品のシャンプーや歯磨き粉がいかにヤバイ成分が入っているのか後ろの成分表示をチェックしていました
食べ物もマーガリンではなくバターの方がいいとか
一般的に知られているものであれば、無農薬野菜がいいとか
身近なものだとスマホなどの電磁波とか
先日は部屋につける電球の”光”こだわろうと思いましたが、価格がとんでもなかったので辞めました(笑)
実際にそこまで気にするもの?
という声もあるかもしれませんが、僕らが子供だった20数年前は水を買うなんて考えられませんでした
もしかしたら数年後には身体に良い光を買うのが当たり前の時代になっているかも知れません
実際問題、良いものを揃えようとすればいくらお金があっても足りません
情報に振り回されるのはよくありませんが、そういったことにアンテナを立てて、できる範囲で実行すれば良いのではないでしょうか
結果的にそれがまたメンタルヘルスにもつながっていくのです
「僕らは愛の花咲かそうよ 青空 ヒマワリのように強く
小さなことでくよくよしてた 昨日の僕にサヨナラ」
フラワー/KinKi Kids
最後まで読んでいただきありがとうございます

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の記事

声の大きさ 2017.3.12